« 2007 A HAPPY NEW YEAR!! | トップページ | スガ シカオと『Real Face』 »

2007年1月13日 (土)

新春SPドラマ『白虎隊』。MVPは藤ケ谷太輔!!

Photo_4

『白虎隊』を観た。
正直、不満の残る内容だった。脚本がまずダメ。
今回のSP、前作のリメイクとして制作されたのだろうか?
所々にそんな演出も見られたが、正直中途半端だった。
まず、歴史ドラマとしては『史実に触れてなさずぎ』という事。
前作(1986年日本テレビ制作)の流れるような展開とは大違い。
今回は、『白虎隊』そのものにスポットをあてた構成のようだったので
仕方ないといえるかもしれないが、歴史好きの人間からすると
あまりにも、もの足りなかった。個人的には、もう少し白虎隊が
誕生するまでの出来事を丁寧に描いてほしかったと思う。
ラテ欄の放送評にも、書かれていたが『祖母から逃げるために、会津の
白虎隊記念館に行き、自分そっくりの先祖の肖像画を見る』というのは
安直すぎると思う。
この演出には、怒りさえ憶えた。

次に、ジャニーズ勢についてだが、山下くんに関しては
ほぼ予想どおり、可もなく不可もなくといった所。ただ
低音で抑揚のない声質は、ドラマには向いていないのではないかと
感じた。

田中くんに関しては、想像通り『士中二番隊のリーダー役、篠田儀三郎』役
がぴったりとはまっていて、とても良かった。ネームバリュー的に弱いが
主役でも良かったのでは。さすが、ドラマ参加率が高いだけの事はあるといったところ。

次に、藤ケ谷くん。今回の白虎隊の面々の中では、一番良かった。
何よりも、時代劇がよく似合い、違和感がなかった。切れ長の目も時代劇にはピッタリはまっていた。
先輩2人にも臆する事なく、のびのびと演技していて感心した。

最後に『藩主、松平容保』役のヒガシについて。さすがに慣れたもので、
迫力ある『好戦的な容保』という新しい『容保像』を演じていた。
だた、ヒガシ自体はとても良かったのだが、あの『容保』には違和感を
感じた。

という事で、今回の『ジャニーズ白虎隊』失望させられた部分も
多くあったが、『藤ケ谷くん』という新たな可能性を感じさせる
ジャニタレも見えたので、大旨良かったのかも知れない。
ただ、今回の白虎隊を観て改めて感じたのは、前作のクオリティーの
高さである。伊達に会津地方で80%を越える視聴率をかせいだ作品
ではなかったのだなと再認識した。

今回の『白虎隊』、会津の方々はどう観、どのように感じたのだろうか。
気になるところである。

PS:今回文章が堅くてすみません!次回からは、また軽〜いノリで
いきます!!という事で今回のイラストは、ふつ〜に藤ケ谷くんを描いてみました!

|

« 2007 A HAPPY NEW YEAR!! | トップページ | スガ シカオと『Real Face』 »

コメント

感想を言うのは良いんですが、
見てて気分が悪いです;;
私からしたら、すっごい良かったですし・・・
皆さん良かったです。

それなのに、こんなん見たら・・・。

投稿: 奈々 | 2007年2月15日 (木) 16時42分

奈々さん。コメントありがとうございました。
なるほど、、、。
そうかもしれませんね~。
事、白虎隊に関しては、親類が会津出身ということも
あって、辛口になってしまったのかもしれません。
失礼しました~。

同じ、テレビ朝日系列で『必殺仕事人sp』が制作中とか。
こちらの方も思い入れの強い作品なので、
楽しみにしています。

投稿: j!jjえくすぷれす | 2007年2月15日 (木) 22時03分

奈々とかいう邪ニオタきもい

投稿: 774 | 2009年4月 4日 (土) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春SPドラマ『白虎隊』。MVPは藤ケ谷太輔!!:

« 2007 A HAPPY NEW YEAR!! | トップページ | スガ シカオと『Real Face』 »